2019年11月24日

当たり前のことを当たり前に。

「核戦争の脅威で威嚇することに頼りながら、どうして平和を提案できるか」

教皇は演説で、「核の傘」の下にいながら平和について語る「偽善」を、強い言葉で非難した。「最新鋭で強力な武器をつくりながら、なぜ平和について話せるのだろうか。差別と憎悪の演説で自らを正当化しながら、どうして平和を語れるだろうか」


核の傘の下で語る平和は「偽善」 広島訪問のローマ教皇

こういう発言、外国の立場ある方が仰ると記事になりますが、そうでないと反日とかパヨクとか言われておしまいなのがなんとも。

お金儲けのために兵器開発してる方々、戦争になっても自分が勝つ側にいて、自分は死なないという根拠のない自信はどこから来るのでしょう?
posted by nvw55v9 at 21:16| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする