2019年07月06日

@称名滝

真夜中の飛騨をジモティに煽られながら走り、わずかな仮眠は蚊に妨害されながらも、開門と同時に到着できたのがこちら。

関越経由で行くのが定番なのかもしれませんが、急いでいなかったので、中央道で松本まで行ってあとは一般道で。

ほとんど眠れませんでしたが眠気と疲れも吹き飛ぶ見事な飛沫。

雨が上がっていたのに、結局スプラッシュマウンテン並みに濡れました。

登山する方々はマナーも良く、朝から良い気分で歩けました。

我々ヘタレは滝止まりでしたが…

また来たくなる場所をひとつ見つけました。

800AC70F-F975-423F-9146-0A9AC8D32B8C.jpeg

DDF10C0B-34FE-47A1-96F0-3861A6BF2C22.jpeg

ヘタレにはご縁のない案内
EA12E089-5446-45A1-B01C-D4CA3383E3CE.jpeg

この後、また一般道で松本へ…
【関連する記事】
posted by nvw55v9 at 16:50| 東京 ☁| Comment(0) | 旅。 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください