2023年04月08日

黒塗り→白状してるようなもん。

アベノマスクの契約単価、調達業者によって2倍超の差 国敗訴で開示

アベノマスク、業者の言い値で決めた? 厚労省の担当者が語った事情

↑両方とも有料記事です。

国は2020年3~6月、業者17社と計32件の随意契約を結び、3億枚超のマスクを約442億円で調達した。


税金使った事業は競争入札で決めろって言うくせに、なんで自分たちは随意契約だらけなんでしょうね?
もうこれだけで利権、中抜きなどの単語が連想されますよね。

マスクの大きさや形状、素材は業者によって違い、単価(税抜き)は62・6~150円、枚数は600~4514万枚だった。最多の約1億1千万枚を調達した総合商社の単価は、5件の契約すべてが130円。2番目に多い約7200万枚を調達した別の総合商社は、契約を重ねた末、単価が119円から126・8円に上がっていた。

 単価と枚数の分布をみると、3月から参入した6社の単価は、枚数にかかわらず、120~140円に集中していた。一方、5月以降に参入した11社の枚数は1千万枚以下で、単価は100~120円が多かった。


ちまちま連ねるより表にしていただきたいですね。
あと、業者名を明らかにして最近他に政府系の仕事でどんな契約しているかも。もちろん、経営者が天下りならそれも含めて公開してください。
posted by nvw55v9 at 09:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック