2023年04月14日

正しい箇所あるの?

約3100ページに誤り…原子力規制庁が原燃社長を呼び再処理工場稼働への申請書の再提出求める

精査されると思っていないから最初から舐めた態度でこういう資料を提出するのか、または本当は時間が足りない、無理難題だったのか。

昨年末に原燃が提出した申請書については、1月の審査会合で原子力規制委員会から多数の誤りがあることを指摘されていました。これを受け原燃が調査したところ、およそ6万ページある申請書のうち5%にあたる約3100ページに落丁や記載漏れなどがあったということです。


何人で6万ページもある申請書作ったんでしょうね?

ミスについて原燃の増田尚宏社長は、「申請書の不備という技術的な論点以外のことに貴重な時間を使っていただくことになってしまい申し訳ない」と陳謝しました。そのうえで、申請書の作成に時間が足りないという現場からの意見があがってこなかったとして、「大いに反省する」と述べました。規制委は増田社長に対し申請書を出し直すよう求めました。


これは期限内にミスが多数ある申請書を提出して、突き返されても提出し直せば申請が通るということなんでしょうか?
事業を独占的に行なっているから申請期間を守らず、内容もダメダメってこういうところに使用済み核燃料の再処理工場なんて任せて大丈夫なんでしょうか?
(おそらく大丈夫じゃない)
posted by nvw55v9 at 17:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック